みんなで強い馬を育てていくがコンセプト!リアルダービースタリオンの流れ

リアルダービースタリオンって何?

リアルダービースタリオンとは、2016年12月13日から始まった、ニコニコ生放送10周年特別企画です。
2017年から最短でも2020年以降に渡って行う長期プロジェクトで、ダビスタのゲームフローを本物の競馬で再現して、視聴者の投票によって競走馬の育成を進めていくものです。

 

繁殖牝馬をセリで購入したり、交配する種牡馬の選定などをファン投票で決めていくもので、競走馬が育っていく過程をニコニコ生放送および過去の動画、厩舎のライブ配信などを通じて、閲覧できるコンテンツです。

一口馬主の一種だと勘違いする方もいますが、視聴者はお金を出す必要がなく、運営の予算に応じた範囲内でアンケートなどを取りながら、みんなで強い馬を育てていくコンセプトです。

競走馬は中央競馬(JRA)ではなく、大井競馬場を中心にした地方競馬で活動しています。
2019年2月現在、2頭の交配を行い、即戦力の2歳馬をセリで2頭落札して、実際にレースの出走まで行われています。

 

 

競馬とダビスタの猛者が集結

リアルダービースタリオンは、視聴者が自由にコメントを投稿できるニコニコ生放送のコンテンツです。

議論するユーザーのイメージ

運営がある程度の選択肢を決めるものの、候補に応じて視聴者がそれぞれの理論を熱弁するユーザー参加型のコンテンツで、開始以来マニアックなファンが集結し、熱い議論を繰り広げてきました。

 

なぜ、その候補になった馬がいいのか、あらゆる角度から理由を聞けるので、競馬の奥深さとコアなファンの知識量を堪能できます。

 

セリ会場では予算があるので、投票1位の馬を確実に落札できるものではないですが、これまでは視聴者の意見を踏まえた最善の選択を続けてきたと評価できます。

運営には放送作家で馬主の村上卓史氏・運営会社ドワンゴ企画担当の石崎崇大氏が名を連らね、初代ダビスタの開発者の薗部博之氏や馬主・調教師にもアドバイスをもらいながら進めていく内容です。

 

強い競走馬を作るために必要な競馬予想でも役立つ知識を身につけることと、ダビスタでは見えない時間をかけて馬が成長していく過程を追っていけるドキュメンタリー番組としての2つの楽しみ方ができます。

 

競馬の実際のレース風景

攻略サイトを見たり、直感でダビスタをやっている方がリアルダービースタリオンを見ると、競馬の世界の本当の奥深さを目の当たりにして驚くことでしょう。

 

 

リアルダービースタリオンの流れ

リアルダービースタリオンは以下の流れで、生産からデビューまでを追っていく予定です。2019年3月現在の最新情報と併せて紹介します。

 

セリで母親となる繁殖牝馬を購入

日程:2017年2月1日
北海道・静内のセリで事前番組のアンケート内容に基づいてセリに参加。
投票2位のシュシュブリーズを850万円(税抜)で購入。
なお投票1位だった馬は予算を大幅にオーバーしたので、最善の選択だったと評価される。
シュシュブリーズは社台コーポレーションの生産場。

 

種付 父親を決めて種付け

日程:2017年3月1日~
ファン投票で種付する父馬をアンケート調査行い、その後実際の相性を見て投票1位だったホッコータルマエに決定

 

妊娠期間 みんなで見守ろう

日程:2018~2019年
観察期間を随時放送で紹介。
期間が長いため、2017年5月には即戦力の2歳馬「オリミツキネン15」をセリで1,350万円(税別)の価格で落札する。

 

出産

日程:2019年3月頃

 

牧場育成

日程:2019~2020年

 

入厩 競走馬のトレーニングを開始

日程:2021年~

 

調教・デビュー

日程:2021年~

 

 

その他の動向

2017年5月に落札した2歳馬オリミツキネン15

名前はオーバーザリミッツに決定
2017年11月に能力試験を世界初となる実況付きで生放送

 

ファニーフラッシュ

2018年5月にセリでファニーストーリー16を落札(1,800万円(税抜き)
投票によって馬名はファニーフラッシュに命名
2歳能力試験1位
2018年10月8日、2歳新馬3着
2019年2月6日 3歳95万5着

 

最初の交配馬が死亡

ファニーフラッシュ2018が死亡
2018年3月23日の生放送で今後の方針と死亡の経緯などが報告
新たな種付を行うことが決定

 

2回目の種付

2018年4月20日の放送でクロフネとの種付を放送